CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

NPO M.U.M.(マム)

東アフリカ諸国支援と地域の環境問題に取り組む非営利任意団体です
個人の方々からのサッカーグッズ
先週はフタバスポーツさんからサッカー用品が届き、今週は個人の方々から届きました!

新潟県三条市から送ってくれました。


千葉県市川市から送ってくれました。


埼玉県さいたま市から送ってくれました。


それぞれ梱包してケニアのグリフォンFCへ発送しましたー。
到着はおよそ三ヵ月後。
無事に届くことを願います!
| グリフォンFC支援 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フタバスポーツからの支援
埼玉県朝霞市に本店を構えるフタバスポーツショップが

昨年8月からお客さんの中古品を集めてくれています。

第一弾が2013年8月末に届き、発送して10月末にケニアに届きました。
その時の様子をフタバスポーツHPに載せてくれています。
http://www.futaba-sp.com/csr/

第二弾は11月上旬に届き、発送済み、そして第三弾が先日届きました。
なんと14箱!!


中身は、スパイク、トレーニングシューズ、ボール、キーパー用品、ウェアなどなど。
たくさんの品物ありがたく送らせてもらいました。



現地に届いたら、また報告をさせてもらいます。
| グリフォンFC支援 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サッカーグッズ贈呈
サッカーシューズ、ユニフォーム、キーパーグローブなどなど、送っていただいた物をケニアへ船便で送り、ニャフルルという町のグリフォンチームに届きました!
日本の物の品質は高いのでとっても喜ばれます!!
これで、また練習に励みます。

| グリフォンFC支援 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サッカーシューズの寄付
埼玉県在住の高橋一夫さんから、たくさんのサッカーシューズを寄付して頂きました!
ホームページを見て、処分しようと思っていた物を寄付して下さったそうです。
ありがとうございます!!

現在、ケニアへ向けての郵送準備中です。
船便で送るので発送してから3ヵ月後くらいの到着になります。

向こうに着いたら贈呈式など行ってもらって、報告させてもらいます。

 
| グリフォンFC支援 | 23:03 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ダラグア・ユースFCと

ケニア−ニャフルルのグリーフォンFCの練習試合の報告です!



ダラグア・ユースFCと練習試合。大野城の白ユニフォームを使わせて頂きました。
結果は2-1で負けてしまいましたが、
前半はテストと割りきって小さい子が優先的にプレイしたので問題無しです。
後半はほぼみんなレギュラーになりましたが、決定機を作れず、かろうじて
PKで1点(相手GKがレッドもらってましたw)とりました。ただ後半の保持率は70%超えてたようなので、意思の統一はできてきたかなと思ってます。

| グリフォンFC支援 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10対2 グリフォンFC試合速報
  

FCグリフォン(U18) 対 ブルーなんとか(みんな大人)
3月6日 練習試合

前半を3−0で折り返し、終わってみれば10−2で勝利。
対戦相手とは3週間前にもトーナメントで対戦、その時は0−1で敗戦。(ケビンが後半ロスタイムで得たPKをはずした)
きっちり借りを返して、みんな満足、でも失点シーンは反省しなきゃ。完全に気が抜けていた。
あまいトラップ、中盤の構成など他にも反省点はたくさん。
でも得点のほとんどがスルーパスから抜けだした形。自分たちの得意な形ができてきたかな。

試合途中、相手プレイヤー人数を数えてみると、10人しかいない。
私は前半終了間際から見ていたので、「相手、誰か退場になってたの?」と聞いたら
「疲れたって言ってどっか行った(逃げた)」との事。
9人になってた時間帯もあったらしい。
そりゃあ10点も入るわ・・・相手はやる気がなくなっていて、守備も攻撃もバラバラ。
こっちは後半途中から、経験値稼ぎのためにサブをどんどん投入。 

ケニアではこういったことが良くあります。
100メートル競争とかやって、半分くらい走って勝てないとわかると、走るのやめちゃうんです。
走る前は「日本人なんかに負けるわけないわ〜(ヘラヘラ」とか言ってたのに。
まず相手をなめてかかる。旗色が悪いとあきらめて、言い訳をする。
「今日は調子が〜」「靴があってなくて〜」などなど。
そして負けを認めない。最後まで全力で戦おうとしない。

でもうちのプレイヤーは、試合後のミーティングで、「相手のことなんかどうでもいい、
自分たちが良いプレーをできたかどうかだ。反省点はたくさんある」と冷静です。
いやぁ、頼もしい限りです。「もっと強い、というかちゃんとしたチームと試合がしたい」って。
全くです。

写真はうちのMF、チャールズです。
こう見えても高校2年くらいです。
| グリフォンFC支援 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Joyous Ball をプレゼント!

フォト

 ケニアの子供たち、サッカーが好きだけどボールが無い。
そして日本から、たくさんの人の思いが詰まったサッカーボール。
この2つを結びつける、とても大切な仕事をさせてもらってます。

サッカーは世界の共通語です!
サッカーは世界の共通語です!サッカーは世界の共通語です!
大事なことなので3回言いました。

日本とケニアは決して遠く離れた異国の地ではありません。
同じ血を分けた兄弟姉妹です。ただちょっと困った状況
ってだけで。

そんなわけで、ジョイアスボールです。
ジョイアスボールというNPOが日本にあり、そこからボールをケニアに送ってもらってます。

今回はダーマ小学校、マイロ小学校、マウント・モリア孤児院へ
NPO・MUMの方々と行ってまいりました。(孤児院は数年前に行って、今回2度目です)

ダーマは全校生徒1000人ほどの割と大きい小学校ですが、ニャフルルから少し離れたスラム地区にあり、生徒もみんなそこから通っています。
フォト

マイロはニャフルルから20キロほどはなれた、半乾燥地帯の学校で、生徒数は約500人。乾燥地帯ではどこでも大変な生活を強いられています。


孤児院は前回からは子供も入れ替わり、もちろんボールも劣化し使用不能なので、再びプレゼントしました。
フォト

どこへ行ってもボールを見ただけで湧き上がる歓声。
日本の皆さんの思い、確かに届けました。

今後ともご協力お願いします。

| グリフォンFC支援 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サッカーグッズ到着!
 
サッカーグッズが日本から届きました!
今回は日本のNPO、MUMの方々が持ってきてくれました。ありがとうございます!

クリックで挿入
クリックで挿入
クリックで挿入

ECHOの事務局でも地元チームの方々に呼びかけ
様々なサッカー用品の協力をいただきました。
23〜24センチの子供用シューズが10足、大きなサイズのトレーニングシューズが4足。
他、ソックスバンド、取り替え式スタッド、ソックスなどです。

MUMを通してサッカーグッズの支援をしてくれている少年が、
今回はなんと自分で実際にケニアを訪れ、再びシューズなどを寄付してくれました。
(写真3枚目)
そうしたら、グリフォンの子から、贈ってもらったシューズを使わせてもらっている
お礼に、ロナウジーニョのポスターをプレゼントしてくれました。

こうした交流は本人たちだけでなく、周囲の子の心にもしっかり残っていくと思います。


こういった用具は消耗品なので、大変ありがたいです。
子供たちも大喜びです。
| グリフォンFC支援 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
悲しいけれど嬉しい手紙

先日、ケニアサッカーチーム グリフォンFCの監督から下記のようなメッセージを頂いてので転載します。


***********************************

クリックで挿入   クリックで挿入

なんだかこんな風に書くとほろ苦いやら酸っぱいやら黒歴史の手紙のようですが
そうではなく、うちのサッカーチームの選手から今日もらった手紙です。

以下要約---------------

グリフォンFCコーチへ

両親からの理解を得ることができず、チームをやめなければいけなくなりました。
チームを去ることはショックでとても悲しいです。
高校が終わってもずっとチームに残りたかったけど、
両親がナイロビから僕を連れ戻しにきて、それも叶わなくなりました。
僕は決してチームをやめたくはありませんでした。
なぜなら僕はコーチの指導の下でケニアプレミアリーグの選手になりたかったからです。

両親にも思いを伝えたのですが、良い返事はもらえず、
まずはナイロビの実家に帰り、それから考えようということでした。
僕はチームに戻りたいです。グリフォンが大好きなのです。
「サッカーとは何か」ということを教えてもらい、感謝しています。

---------------
以上、胸熱です。泣けます。

彼は高校最終学年で、この11月で卒業し、
ナイロビの実家に帰らなければならなくなったのです。
攻撃的ミッドフィルダーとして、チームで一番のパスセンスを持っていました。
まだ18歳、もっともっと伸びるので、ナイロビに引っ越してもサッカーを続けて、
いつか、ケニアプレミアリーグで活躍して欲しいと思います。

最後の一文、原文のほうがグッと来ました。
Thanks for your assistance and to teach me what is 'football'.

こんな彼ですが、練習中に会話をした記憶はほとんどありません。
無言の会話というか・・・寡黙で真面目なんですよね。
試合後のミーティングの話ぶりで熱い男だというのは理解してましたが、ここまでとは。
もっともっと選手のことを理解できるようになりたいです。


2枚目の写真は、練習試合の内容の集計記録です。最近つけるようにしました。
シュート、FK、CK、オフサイド、味方のパスが誰から誰へ、何本成功、失敗か、成功率。相手のパスの数、成功率など。
とても参考になるのですが、これをしていると試合の流れを追うことができなくなり、
ハーフタイムに適切な指示ができなくなります。困った・・・

************************************

グリフォンFCの活動からこんな子が卒業していくのは頼もしい限りです。

サッカー好きの方、現地でボランティアコーチしてみませんか??

| グリフォンFC支援 | 22:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
サッカーグッズの贈呈式
 
グリフォンFCにて、サッカーグッズの贈呈式が行われました。

昨年末に堤 大河君が送ってくれたトレーニングシューズ7足も一緒です。



子供たちの表情がとてもいいですね。
ボロボロになったシューズを使っている子もいれば、まだシューズがない子もいます。
日本製のグッズはとても品質が良いので喜ばれるんです。



堤 大河君、本当にありがとうございました。

家の中に眠っているサッカーグッズがありましたら、ぜひグリフォンFCで活かして使ってもらいたいと思います。
皆様、よろしくお願いします。
| グリフォンFC支援 | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |