CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

NPO M.U.M.(マム)

東アフリカ諸国支援と地域の環境問題に取り組む非営利任意団体です
<< 四倉 渡辺宅清掃2日目 & 長谷川宅床下土砂上げ | main | 四倉 会川鉄工所 >>
いわき市中央台 仮設住宅へ野菜お届け

  

 仮設住宅支援活動の報告です。

いわき市中央台という場所には、いわき市、広野町、楢葉町の仮設住宅があり、合わせると約1000世帯の人たちが避難生活をしています。

今回は、避難所での炊き出しでも野菜を支援してくださった埼玉県深谷市の農家から春菊を提供いただいたので仮設住宅の方々へ届けてきました。
この農家の方は、農地の一角を「被災者のための春菊」と決めて種を蒔いて育ててくれたそうです。
生き物ですからなかなか上手く育たないこともある野菜ですが、この春菊は大きく立派に成長して、心通りに被災者の方々の元へ届けられる運びとなりました。

収穫して、配れるように袋詰めも大変な作業です。
農家や協力者の多大なるお心に感謝感謝です。

また、滋賀県のNPO団体から広野町仮設住宅にさつまいもが沢山送られて来ていたので春菊と一緒に配らせてもらいました。

午前10時から広野町仮設住宅、午後1時からいわき市仮設住宅の集会所前にテントを張って配らせていただきました。
平日の日中であったのでお勤めに出られている方も多かったようですが、いらっしゃる方で近所の分も持って行ってくださいました。

一昨日まではそんなに寒くなかったですが昨日は風が冷たくて体が冷えましたが、仮設にお住まいの方がコーヒーを入れてくださり、窓から差し入れなどもいただいたりして心温められました(^-^)

帰りには湯本第三小学校避難所にいた渡辺長一さんご夫妻や佐藤さんご夫妻の所にも春菊をお届けしてきました。

農家の心ある種まきの実りを被災者に届け、心温まる笑顔を頂き、心の温め合いのお手伝いをさせて頂けたことに感謝です。
寒い季節に入り、余計に心の温め合いを実感した日でした。

これからも心の温め合いを続けていきましょう!

| 東北・関東大地震 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.mum-africa.com/trackback/227