CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

NPO M.U.M.(マム)

東アフリカ諸国支援と地域の環境問題に取り組む非営利任意団体です
<< つくば市 竜巻被害片付け No.1 | main | つくば市 竜巻被害片付け No.3 >>
つくば市 竜巻被害片付け No.2
 今日は東京から5名で出発して、直接つくば市北条地区へ向かいました。
ボランティアセンターには土曜日でほんっとうにたくさんの人が集まってきていました。

現地で、水戸1名、いわき1名、石川1名と合流して、8名と後から合流した新潟グループ3人とで10日にお手伝いした家の継続作業を行いました。

納屋として使っていた建物を解体することに決めたということで、中の荷物を必要なものはガレージへ移動して、必要ないものはゴミ置き場へ持っていきました。
ガレージの屋根が、竜巻で飛ばされてきたもので穴が数箇所あいてしまっていた所を防水テープで塞ぐこともしました。ガレージ屋根は厚めの鉄板屋根で、金槌で叩いてもなかなか変形しないものが穴が開いていたので、相当な力の物が落ちたんだなぁと実感しました。
被災地域は局地的ですが、竜巻の力の大きさはとてつもないものです。しかし、けが人の数の少ないことには驚きました。

今日は、ご親族もお手伝いに来られていて一緒に作業しました。
若い人もいるなぁと思っていたら、ご主人が教職員で、教え子がこの大事にかけつけてくれたそうです。
自分の生徒が心配してかけつけてくれるなんて有り難いことですね!!

今日もお昼は家の方が、炊き出しのものを運んできてくれて、一緒に頂きました。

午前中で、このお宅の作業は終了したので、午後はボランティアセンターへ戻り、派遣してもらい、田んぼにちらばった瓦礫を拾う作業を行いました。
田んぼは足場が悪く歩くだけでかなり疲れる作業でしたが、人海戦術で綺麗にさせてもらうことができました。
その後に、もう一件派遣してもらい、ここも瓦礫集めの作業を行いました。

明日も日曜日で相当数のかたがボランティアに来られると思います。
午前中は、今日お寺の本堂の外壁掃除を約束してきたので、直接お手伝いに行かせてもらいたいと思います。
作業が終われば、ボランティアセンターへ戻り、新しい現場へ派遣してもらえればと思います。
| 竜巻災害救援 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.mum-africa.com/trackback/248