CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

NPO M.U.M.(マム)

東アフリカ諸国支援と地域の環境問題に取り組む非営利任意団体です
<< 夏祭り「おとなとこどものえんにち」 | main | 四倉でお手伝い >>
初めての広野町お手伝い
いわき市中央台にある広野町仮設住宅へ「ボランティアでお手伝いします」というチラシを今年の3月に配っていました。
しかし、なかなか要望は入らなかったのですが、先日電話があり、今日初めて広野町でひのきしんをしてきました。
仮設住宅でイベント支援活動などを行ってきて信頼もついてきた成果だと思います!

以下は活動報告です。
------------------------
今日は東京から6名、いわきから2名の8名で広野町で活動してきました。

5DKの一軒家に男性独りで住んでいるお宅の掃除手伝いをしました。
部屋は原発事故以後閉め切りにしていたせいか天井にカビがついていました。
家具などを移動しながら一部屋ずつ天井から壁・柱、畳と綺麗に掃除させもらいました。
それぞれテキパキと作業してくださり家の掃除を終えることができました。
家主さんも一人では大変なところ一日で掃除を終えられたのでとても喜んでくださいました。

その他に、アップライトピアノを保育所に寄付したいという方がいて、ピアノ運搬のお手伝いもしました。
いわきから軽トラックで来てもらったので、トラックに積み込み保育所へお届けしました。
ピアノって重いですね…。何とか大人4,5人で運ぶことができました。
また、来週から広野町の中学校・小学校・保育所・児童館などが再開するのですが、児童館玄関前の草刈りをお願いされて、いわきからのお二人にお手伝いしてもらいました。
急な話を受けてさせてもらってこちらも喜んでいただけました。

今日だけで3件のお手伝いをさせてもらいました。
また、ピアノを寄付した方も、掃除とかしてもらえるの?と聞かれていたので、今後も要望が増えていきそうです。

帰りに、さいとうシューズさんに支援物資をお届けし、避難所にいた佐藤さんご夫妻にもお届けし、磐城平大教会で参拝してからみゆきの湯で汗を流して帰って来ました。

急な話に、家の都合などをつけて参加してくださって本当にありがとうございました!!
| 東北・関東大地震 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.mum-africa.com/trackback/258